「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」は

医療分野におけるイノベーターを顕彰するプログラムです。
医療科学の進展を促し、
人々の健康に大きな恩恵をもたらす革新的な成果を上げた人物を、
表彰します。

「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」は医療分野におけるイノベーターを顕彰することを目的として 2014年に創設された賞です。

本賞は、日本の健康・医療政策の推進及び健康寿命の延長に多大な貢献が期待される業績を 上げた個人を対象とし、臨床研究、基礎研究及びトランスレーショナルリサーチ等における革新 的な研究成果を顕彰します。選考にあたっては、当該研究がもたらす成果が人々の健康が大幅 に増進することができるかどうかという点に着目し、医療にまつわる諸問題の新しい解決法の 発見、積年の課題に対する革新的な取り組みの具現化、医療現場における業務の飛躍的な進 歩を可能にした取り組み、医療政策の実現に向けた革新的な活動等を含めた幅広い観点から 検討を行います。

本賞はまた、その選考過程を通じて、日本の科学技術力が世界中の患者さんを救う目的に活用 できることを改めて確認し発信していくことも意図しています。

顕彰は、全国から寄せられた候補者の中から、独立した審査委員会による厳正なる審査により 選考されます。本賞の審査基準は、例示すると以下の通りです。

  • 新しい治療に道を開く等、人々の健康に多大な恩恵をもたらす、 科学的に極めて重要な研究結果を見出したこと
  • メディカルサイエンスの研究開発において継続的に卓越した業績を築いていること
  • 新たな診療のあり方、医療サービス等の開発の礎となる発見、又は医学の 飛躍的な進展につながる研究あるいはその実現につながる業績を上げたこと
  • 公衆衛生の向上につながる予防、治療分野での画期的な解決法を見出したこと
  • 介護・福祉分野等において、新しい考え方や形態で諸活動を行っていること

広い意味で医療に関係する限りにおいて、その活動分野に特段の制限はありません。臨床及び 基礎医学、トランスレーショナルリサーチ、予防医学、看護学、介護学分野等の研究者、医師、看護師、介護士、ヘルスケア産業従事者等、職種にかかわらず、その卓越した知識や活動が医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をも たらす成果を挙げた個人が対象となります。

なお、候補者の推薦にあたり、推薦者以外の第三者による推薦状(様式不問)を添付していただ くことができます。推薦状には、受賞者に相応しい功績であることを示す当該第三者による評価 結果及びその理由(論文、学会発表、表彰等)を具体的に分かりやすく記載して下さい。

お知らせ

第3回「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」の候補者募集を開始しました。

概要

名称 イノベーター・オブ・ザ・イヤー
顕彰対象 医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をもたらす革新的な成果を上げた個人
応募形式 他者による推薦
共催 一般社団法人日本病院会、公益社団法人地域医療振興協会、MSD株式会社
後援 公益社団法人日本医師会、日本医学会、公益社団法人全日本病院協会
選考結果発表 10月中旬に推薦者及び受賞者に通知します。
第3回授賞式 2016年11月30日(水)午後6時45分~
於)ザ・キャピトルホテル東急「鳳凰」
正賞・副賞 記念杯を受賞者本人に授与します。
また、副賞として賞金1,000万円を、受賞者が所属する組織等に贈呈します。 (受賞者個人に対して直接賞金を授与することはいたしません。なお、副賞の贈呈にあたっては、法令、寄付に関するMSD株式会社のポリシー及び製薬業界の自主規制等が適用されるため、副賞が贈呈できない場合があります。)

審査委員会・諮問委員会

■審査委員会(五十音順、敬称略)

猪口 邦子 参議院議員、上智大学名誉教授
岩本 愛吉 国立研究開発法人日本医療研究開発機構科学技術顧問
木下 玲子 立命館アジア太平洋大学客員教授
清水 潔 みのり総合法律事務所弁護士、元文部科学事務次官
永井 良三 自治医科大学学長
間野 博行 東京大学大学院医学系研究科細胞情報学分野教授、
国立がん研究センター研究所所長
水田 邦雄 全国土木建築国民健康保険組合理事長、元厚生労働事務次官
武藤 徹一郎 公益財団法人がん研究会有明病院名誉院長・メディカルディレクター

■諮問委員会(五十音順、敬称略)

逢沢 一郎 衆議院議員
阿部 俊子 衆議院議員
池上 直己 聖路加国際大学特任教授
石毛 博行 独立行政法人日本貿易振興機構理事長
井戸 清人 株式会社国際経済研究所副理事長
江利川 毅 公益財団法人医療科学研究所理事長、公立大学法人埼玉県立大学理事長、
元人事院総裁、元厚生労働事務次官、元内閣府事務次官
小川 勝也 参議院議員
折茂 彰 順天堂大学医学部病理・腫瘍学准教授、順天堂大学医学部同窓会理事
北島 信一 国家公安委員会委員、元ジュネーブ国際機関日本政府代表部大使
木村 義雄 参議院議員
窪野 鎮治 一般社団法人生命保険協会顧問
黒岩 祐治 神奈川県知事
黒木 登志夫 独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター顧問
小宮山 洋子 元厚生労働大臣、ジャーナリスト
齋藤 泰雄 日本オリンピック委員会常務任理事、元駐露・駐仏大使
武久 洋三 一般社団法人日本慢性期医療協会会長
谷 修一 国際医療福祉大学名誉学長
土屋 了介 地方独立行政法人神奈川県立病院機構理事長
堂道 秀明 前独立行政法人国際協力機構副理事長
中林 正雄 母子愛育会総合母子保健センター所長
林 貞行 元駐英大使、元外務事務次官
福井 次矢 聖路加国際大学理事長、聖路加国際病院院長
宮田 満 日経BP社特命編集委員

※審査委員、諮問委員の肩書は2016年8月時点での参考情報として記載されているものであり、所属先の代表として「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」の審査委員、諮問委員をつとめるものではありません。

募集要項

応募形式 他者による推薦
応募締切 2016年9月30日(金)必着
顕彰対象 医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をもたらす成果を挙げた個人(詳細はホームページ参照)
応募方法
E-mail info@innovator-of-the-year.com
FAX 03-5776-1474
郵便 「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」事務局宛
〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル13階 WS
  • ※推薦用紙は本ページでダウンロードいただくか、事務局にお問合せ下さい
  • ※なるべくデータでお送り下さい
選考結果発表 10月中旬に推薦者及び受賞者に通知
授賞式・祝宴 2016年11月30日(水)午後6時45分〜
於)ザ・キャピトルホテル東急「鳳凰」
正賞・副賞 記念杯を受賞者本人に授与します。
また、副賞として賞金1,000万円を、受賞者が所属する組織等に贈呈します。 (受賞者個人に対して直接賞金を授与することはいたしません。なお、副賞の贈呈にあたっては、法令、寄付に関するMSD株式会社のポリシー及び製薬業界の自主規制等が適用されるため、副賞が贈呈できない場合があります。)

候補者推薦書をダウンロード

Wordデータはこちらからダウンロード

お問い合わせ

「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」事務局
〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル13階 WS
Tel: 03-5427-7412
Fax: 03-5776-1474
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
題名
メッセージ本文